私立小学校における試験休み期間中(10月末~11月中旬)は、平日9:00~19:00で開室しています。

【活動報告】ジュニアスキーCAMP/キンダースキーCAMP(2021年12月26日~12月30日 実施)

2021年12月26日(土)〜30日まで、新潟県苗場スキー場にて、小学生対象のジュニアスキーCAMP、幼児対象のキンダースキーCAMPを実施いたしました。

てんげんじこどものいえと慶楓会の合同で実施する、夏の八丈島キャンプと並ぶ2大イベントのうちの一つです。

小学生の目標は、スキーを滑り込んでバッジテストにチャレンジすること。幼児の目標は、親元を離れて自立した生活を過ごすこと。それぞれが充実した5日間を過ごした様子をご紹介致します。

12/26 スキーCAMP1日目

初日となったこの日、子どもたちは朝7時50分にてんげんじこどものいえに集合しました。

感染症対策を万全に施すため、60人乗りのバスに29人の乗車で、座席間隔をしっかりと確保した、会員のみの貸し切りバスを用意いたしました。

今回、参加者最年少となる年中さんは初めて親元を離れる子も多く、身の回りのサポートをするリーダーさんも多めに配置しています。リーダー1名に対して幼児2名、小学生も3〜4名という手厚い体制の下、幼児側と小学生側のそれぞれでディレクターによる統括のもと活動を進めます。

参加者数の内訳はジュニア10名、キンダー8名、引率11名という構成でした。

この日から日本列島全体を覆う大寒波の影響で、大雪の恐れとの予報があり、念には念を入れて立ち往生対策の水、食料、寝袋まで用意をしてバスに積み込みを行いました。ところが幸いにも道中の通行止め等もなく、概ね時間どおりに今回の宿泊先「サンヴィレッジ苗場」へと到着しました。

子どもたちは、到着早々、宿の周りの雪に大興奮! これから遊べる時間はたっぷりあるので、まずは保護者の方が持たせてくださったお弁当で昼食を済ませました。

午後からは、小学生と幼児に分かれてプログラムが進行します。

小学生は、早速板を持ってゲレンデへ! 寒波の影響で雪は降り続いていましたが、子どもたちにとってはむしろ恵みの雪です。雪山が初めての子、1年ぶりの子、皆、都心では見られない雪の量に、期待を抑えきれない様子でした。

早速のスキー指導では、まずは緩斜面で子どもたちの滑りの様子を確認。その後は技術に合わせて板慣らしがてら、早速リフトに乗って山の中腹まで登り、斜面を滑走しました。今回スキーが初めてという子も、リーダーやスタッフから手厚い指導を受け、練習を重ねました。初日なので無理はせず、1本を大事に滑走した後は、宿へと戻りました。

一方、幼児はスキーブーツを履いて、宿泊所前のスペースで雪遊びを開始しました。目の前に積もったフワフワの粉雪に大はしゃぎです。 斜面をソリで滑ったり、雪だるまをつくったり、キャンプのリーダーを雪に埋めたりと、思う存分雪遊びを楽しみました。

小学生も幼児も初日から存分に遊んだ後は、幼児は早めに入浴を済ませ、夕食をいただきました。入浴と食事の時間を幼児と小学生で時間をずらして分散することで、密を極力避けながらの生活を心がけました。

順調に始まったスキーキャンプ、夜も早めに休み、翌日以降の生活に備えました。

いよいよ全員揃ってスキー場へ! リーダーたちと一緒のレッスンの様子は次のページへ

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

コメント

コメントする